So-net無料ブログ作成

高畑淳子に息子の性癖を聞いた大村正樹記者は、NZ地震で足を切断した人に「もうスポーツ出来ませんね」と聞いた人 [社会]

強姦致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者の母親高畑淳子に息子の性癖を聞いたフジテレビ、グッディの大村正樹記者。

大村記者は2011年に起きたニュージーランドの地震で足を切断する重傷を負ったサッカー青年だった被害者に対して「もうスポーツ出来ませんね」と非情な質問を浴びせて、視聴者から猛烈な批判に晒された人だったんですね。

大村記者もフジテレビも当時あれだけの批判に晒されても反省はしなかったのだろうか?
それとももう忘れてるのだろうか?
そもそも悪いとは思っていないのだろうか?
最悪な想像だが、話題になって喜んでいるのだろうか?

マスコミの非常識さは今更だが、わざとやっているのだとしたら、許せるものではない。

取材のためだろうが何だろうが人に精神的苦痛を与えていいと思っているのだろうか?

視聴者がそうした苦痛を与える質問に対する答を期待していると思っているのだろうか?
まあマスコミが視聴者のために番組を作っていると思わないし、ただの自己満足だろうが…

ここ最近マスコミの低俗さが特に際立って見える。
質が落ちたのか、もともと低かったのがクローズアップされるようになっただけなのかわからないが、マスコミ自身が問題に気づいて無さそうなのが最大の問題なんだろうな…





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

高畑淳子に息子の性癖を聞くフジテレビ、グッディの大村正樹記者は母親に性癖をカミングアウトしてるのか?動画リンクあり [社会]

強姦致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者の母親で女優の高畑淳子が記者会見をして被害者に謝罪をした。

それはまあいいのだが、記者会見で質問をしたフジテレビ、グッディの大村正樹記者の質問があまりにも常軌を逸している。


大村記者の質問は20:28頃から

母親に対して息子の性癖、性欲が強いかを聞くなんてまともなだとは思えない。

息子の性癖を把握している母親が世の中にどれだけいるのか。
把握するためには息子が自分でカミングアウトしているか、息子の性生活をのぞき見しているか、ぐらいしか思いつかないのだが…

高畑淳子は子育てに失敗したと言えるだろうが、この記者会見では終始誠実な対応をしている。

そして高畑淳子が誠実であるだけになおさら大村記者の異常さが際立つ。

この質問を大村記者本人が考えたのか、フジテレビが用意したのかはわからないが、この異常な記者を使っているフジテレビ側も異常だとしか思えない。

大村記者だけでなくこうした会見での異常な質問をする記者が多すぎる。

オリンピックでも内村選手におかしな質問をした記者がいたな…

また違う話だが、災害時の報道でも救助活動の邪魔や被災者の生活を邪魔してまで取材する記者がる。

やらせをも何度も起きている。

これが1人の記者だったり、一つのテレビ局だったりなら、該当者のみがおかしいのだろうが、複数の記者、テレビ局が何度も繰り返し問題を起こしている。
マスメディア全体が異常な状態だと言っていいだろう。

そしてマスコミ自身は一つ一つの問題に対して批判が集中した場合は謝罪することもあるが、その後も同様の問題を起こすことが多い異常、反省はしてないのだろう。

マスコミの報道姿勢は自分たちが報道したいことを報道するという自分本位に見える。
視聴者は置き去りだ。
テレビに知ろうとが出演するときは、「テレビに出してやっているんだからありがたく思え」というような態度を取るスタッフが多いと聞く。
インターネットが普及していない時代はそれが通用したのだろうが、今は情報はいろいろなところから入ってくるし、素人が情報発信もする時代だ。
いまのところネットの情報というものには信憑性が高いとは言えないため、マスコミの情報も必要とされているが、いずれネットの情報発信媒体も信憑性の高いものも増えてくるだろう。そのときマスコミが今のままの状態だったら、ネットに後れを取ることになるだろう…





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。