So-net無料ブログ作成

東京五輪エンブレム類似問題、盗作ではなくてもこれだけ似ているなら変えるべき。新国立競技場問題と同じでプライドとか面子にこだわるな! [社会]

東京オリンピックのエンブレムがベルギーの劇場のロゴや、スペインのデザイン事務所による東日本大震災の寄付金プロジェクトのデザインに酷似していると指摘されている問題で、デザインした佐野研二郎氏は「海外作品はまったく知らない。」と反論している。

IOCや森会長は商標登録上問題ないとしている。

これが盗作であるか否かは佐野氏本人にしかわからないことだが、盗作ではなかったとしてもデザインが似ているということは誰が見ても思うことだろう。

商標登録がどうだとか、ベルギーのデザイナーが訴訟も視野に入れているとかは関係なく、似ているデザインを使うことに抵抗はないのだろうか?
デザイナー本人にしても似たデザインを後から出してそれで胸を張れるのだろうか?
クリエイターとして二番煎じで納得できるのだろうか?
すくなくとも見ている国民は気持ちのいいものではないのは確かだ。
森会長や五輪関係者は1度決めたことを覆すのを非常に嫌がる。これは自分たちの面子がつぶされると考えるからだろう。
その迷走の結果は新国立競技場問題で明らかになったはずなのに、また同じ事をしようとしているのが情けない。

新国立競技場建設と違ってまだ時間があるのだから、もう一度公募するなり、2位の作品を採用するなり、佐野氏に新たなデザインを考えてもらうなり、いろいろな手段がとれる。
面子にこだわり類似デザインを採用するメリットはまったくない。
大会関係者の面子のためにオリンピックがあるのではないことを自覚してもらいたい!







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。